サンウルブズ、シンガポールで初白星!ブルズから6トライ奪い42-37で逆転勝利

スーパーラグビー2018 - サンウルブズ、シンガポールで初白星!ブルズから6トライ奪い42-37で逆転勝利
  • シェアする

ウィンドウマンス(テストマッチ期間)が終了し、すでにシーズン終盤に突入している三菱地所スーパーラグビー2018が4週間ぶりに再開した。

6月30日(土)の第17節、ヒト コミュニケーションズ・サンウルブズ(以下サンウルブズ。オーストラリアカンファレンス5位)は、ブルズ(南アフリカカンファレンス5位)をホームの一つであるシンガポールナショナルスタジアムに迎えた。

サンウルブズにとってブルズは昨シーズンの第7節、秩父宮ラグビー場で21-20と勝利している相手で、今回もホームという点でも同じ条件が揃っている。シンガポールで初勝利、そしてサンウルブズがチーム史上初のシーズン3勝目を狙いに行く試合にもなった。

サンウルブズは、先週まで日本代表戦で活躍しPR浅原拓真、LOヘル ウヴェ、FL布巻峻介、NO8徳永祥尭、WTB山田章仁らが元気に先発。同じく日本代表組のHO庭井祐輔、PR石原慎太郎、SH田中史朗、SO松田力也、CTB中村亮土らもリザーブ入りし、ジョージア代表で出場したHOジャバ・ブレグバゼも先発出場を果たした。ゲームキャプテンは共同主将の一人であるFLヴィリー・ブリッツが務めた。

なお、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は腰の手術のためニュージーランドに帰国し、トニー・ブラウン アタックコーチがHC代行を務めた。

一方のブルズは、カンファレンス最下位ながら今後の勝ち点次第でプレーオフ進出を狙える位置に付けているだけに、落とすことの許されない一戦となった。南アフリカ代表の司令塔でもあるキャプテンのSOハンドレ・ポラードを中心に、PRピエール・スクーマン、LOのRG・スナイマン、SHエンブロス・パピエー、CTBジェシー・クリエル、FBウォリック・ヘラントといったスプリングボクス(南アフリカ代表)経験者が数多く先発し、必勝を期した。

試合は前半キックオフ早々からサンウルブズが先手を取る。2分、CTBマイケル・リトルのブレイクを皮切りに大きく前進し、ラックからSH内田、再びCTBリトルとパスがつながり、最後はSOヘイデン・パーカーが左隅にトライ。ゴールも自ら決めて7-0と先制に成功する。

前半14分にはLOヘル ウヴェが負傷しLOグラント・ハッティングと想定より早い交替もあったが、サンウルブズはその後も畳み掛ける。19分、ハーフウェイラインやや敵陣寄りのマイボールラインアウトから、スローワーのHOブレグバゼがショートラインアウトのサインプレーでNO8徳永にパス。折り返しパスを受けたHOブレグバゼが一気にゲインし、フォローしていたSH内田にラストパスを送ってトライ。サンウルブズが14-0とリードを広げる。

しかし前半23分、サンウルブズのFBゲラード・ファンデンヒーファーが自陣深くからのタッチキックをブルズCTBクリエルにチャージされ、そのままトライを許す。14-7とされた直後の28分にも、サンウルブズFBファンデンヒーファーが自陣でクイックスローインで入れたボールが乱れ、ブルズCTBクリエルにキャッチされ連続トライ。隙を見逃さなかったブルズに14-14の同点に追いつかれる。

悪い流れを払拭したいサンウルブズだったが、前半38分に相手にモールを押されてFLブリッツがシンビン(10分間の一時的退出)。数的不利に苦しむ中、前半終了間際の40分、ブルズSOポラードにディフェンスの隙を突かれ3トライ目を許してしまい、14-21と勝ち越されたところで前半終了となった。

後半、まずは差を詰めていきたいサンウルブズだったが、2分、自陣でのオフサイドでブルズSOポラードにPGを決められ14-24と10点差に広げられる。

しかし6分、SOパーカーのパスを受けたWTBセミシ・マシレワが大きくゲインし、ラストパスを受けたFBファンデンヒーファーがトライ。21-24と3点差に迫る。

その直後の後半9分にはブルズに崩され、PRコンラード・ファンフューレンにトライを喫して21-31と再び10点差に突き放される。だが、後半12分、サンウルブズのパスが乱れかけた場面でNO8ブリッツがボールを奪い返しトライ。28-31と再びサンウルブズが3点差に迫る。

後半20分、ゴール前に攻め込まれて反則し、ブルズSOポラードにPGを決められ28-34とされるが、流れはなおもサンウルブズに傾く。後半25分、自陣深い位置でブルズのこぼしたボールを獲得したサンウルブズは、WTBマシレワが敵陣までビッグゲイン。ラックからさらに展開し、HOブレグバゼのパスを受けたCTBジェイソン・エメリーが大外にロングパス。キャッチしたFLラーボニ・ウォーレンボスアヤコから内側をフォローしたCTBリトルにボールが渡り、CTBリトルが中央にグラウンディング。サンウルブズが35-34と逆転に成功し、試合は最終盤を迎える。

後半31分にブルズSOポラードにPGを決められ35-37と再逆転されるも、この日のサンウルブズは動じることなくチャンスをうかがう。そして35分、サンウルブズは敵陣でのマイボールラインアウトを起点に攻め込み、FLウォーレンボスアヤコがピッチ中央を突破しトライ。42-37と再逆転に成功し、最後は上手く時間を使ってそのままノーサイド。

サンウルブズが競り勝ち、チーム史上初のシーズン3勝目を挙げて総勝ち点を14に伸ばした。同時に秩父宮、香港、シンガポールとホームで3連勝で、シンガポールでは3年目で初勝利となった。また、対ブルズ戦でも昨季に続く2連勝と、記録づくめの勝利となった。

サンウルブズのゲームキャプテン、FLブリッツはこのようにコメントした。

「選手たちはタフに、最後までフィジカルに戦ってくれたし、もちろんメンタルもタフだったのを誇りに思う。香港(ストーマーズ戦)と同じようにサンウルブズのスタイル、サンウルブズのラグビーができて嬉しい。毎シーズン成長していくことが目標だったので、3勝というのはとても満足している。あと2試合あるが、まずリカバリーしてまた次の試合に向けて頑張りたい」

敗れたブルズのゲームキャプテン、SOポラードは試合をこう振り返った。

「気温が高いのは事前に分かっていたので、早い段階で相手よりもボールをキープし続けようと、チャンスを確実にものにしたかったが、やはり接戦になってしまい結果的に負けてしまったことは残念。このような湿気のある気候はタフなゲームだったが、それは言い訳にすることはできない」

6トライでチーム史上初のシーズン3勝を果たしたサンウルブズは、このままオーストラリアに移動する。7月7日(土)の次節は、今季第8節に29-50で敗れているワラターズと再戦する。このワラターズ戦を含め今季も残り2試合、さらなる勝利を挙げて今季を終えたいところだ。

◇CTBマイケル・リトルが攻守に奮闘し勝利に大きく貢献!

183cmと決して大きくない体でも、極めて高いパフォーマンスを維持し続けているチームの攻守のキーマンが、この試合でも躍動したCTBマイケル・リトルだ。

後半25分に自らトライを決めただけでなく、両チーム通じて最多のボールキャリア13回、ディフェンスを突破した回数もチームトップの4回、オフロードパスもチーム最多タイの3回とアタックで大きく貢献。また、ターンオーバーの回数が4回と、ディフェンスでも出色の活躍を見せた。

試合後、CTBリトルは笑顔で試合を振り返った。

「日本代表の選手がサンウルブズのチームに戻ってきた。彼らはテストマッチでいい結果を出していたので、この試合もいいパフォーマンスをしていた。(前半)自分たちのミスで失点してしまったが、そこで落ち着いて、自分たちのタスクは何かを常に考えて80分戦えたと思う。次のワラターズ戦にはこの試合をレビューして改善していきたい」

喜びをかみしめつつ、早くも次戦を見据えたCTBリトル。さらなる勝利を予感させてくれる頼れる12番の活躍が残りの2試合でも大いに期待できそうだ。

記事提供者:齋藤龍太郎(楕円銀河)

試合情報

  • 2018.2.24(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 25 - 32 ブランビーズ
    NO SIDE
  • 2018.3.3(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 17 - 37 レベルズ
    NO SIDE
  • 2018.3.10(土)
    スーパーラグビー2018
    シャークス 50 - 22 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.3.18(日)
    スーパーラグビー2018
    ライオンズ 40 - 38 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.3.24(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 10 - 61 チーフス
    NO SIDE
  • 2018.4.7(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 29 - 50 ワラターズ
    NO SIDE
  • 2018.4.14(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 10 - 24 ブルーズ
    NO SIDE
  • 2018.4.21(土)
    スーパーラグビー2018
    クルセイダーズ 33 - 11 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.4.27(金)
    スーパーラグビー2018
    ハリケーンズ 43 - 15 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.5.12(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 63 - 28 レッズ
    NO SIDE
  • 2018.5.19(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 26 - 23 ストーマーズ
    NO SIDE
  • 2018.5.25(金)
    スーパーラグビー2018
    レベルズ 40 - 13 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.6.3(日)
    スーパーラグビー2018
    ブランビーズ 41 - 31 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.6.30(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 42 - 37 ブルズ
    NO SIDE
  • 2018.7.7(土)
    スーパーラグビー2018
    ワラターズ 77 - 25 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.7.13(金)
    スーパーラグビー2018
    レッズ 48 - 27 サンウルブズ
    NO SIDE

動画ランキング

記事ランキング