サンウルブズ、敵地で歴史的初勝利ならず…2年連続準優勝のライオンズに38-40で惜敗

スーパーラグビー2018 - サンウルブズ、敵地で歴史的初勝利ならず…2年連続準優勝のライオンズに38-40で惜敗
  • シェアする

南アフリカ遠征中のヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(以下サンウルブズ)。3月17日(土)の第5節(チームとして4戦目)はヨハネスブルクのエミレーツ・エアライン・パークで、2年連続準優勝のライオンズと激突し、アウェー初勝利を目指した。

サンウルブズは開幕から3連敗を喫したが、一方のライオンズは前節、ブルーズ(ニュージーランド)に苦杯をなめたものの3勝1敗で、今年も好調を維持、現在、南アフリカカンファレンス首位につけている強豪だ。

サンウルブズのメンバーを見ると前節控えからの出場だったキャプテンSH流大が先発に戻り、LO姫野和樹、NO8リーチ マイケル、SO立川理道、WTBレメキ ロマノ ラヴァ、FB松島幸太朗といった日本代表でお馴染みの選手たちは引き続きスターターに名を連ねた。開幕戦で2トライを挙げた突破力が魅力のWTBホセア・サウマキも11番をつけて戦列に復帰を果たした。

ライオンズのメンバーは、NTTドコモに在籍していたキャプテンNO8ワーレン・ホワイトリーこそ膝のケガのためメンバー入りしなかった。それでも、この試合でキャプテンを務めたのはリコーにいたLOフランコ・モスタート、さらにNTTコミュニケーションズで4年間プレーしたSOエルトン・ヤンチース、クボタでプレーしていたCTBライオネル・マプーといった南アフリカ代表経験もあり、トップリーグでプレーし日本もよく知る選手たちが先発した。

アウェーの標高1750mと高地にあるスタジアムで、昨年も同地で行われた同カードは7-94と大敗していたため、当然、サンウルブズのジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)が試合前「とても強い相手に立ち向かうということを理解している。この挑戦を通して今後我々が何をしなくてはならないかが、より明確になる」と語っていたように、タフなゲームになると予想された。

そんな中、サンウルウブズはアタック、そしてディフェンスでもサンウルブズは試合序盤から積極的に仕掛ける。

キックオフからディフェンスで前に出て、ミスを誘いボールを奪い、前半2分、相手の反則を誘ってCTBウィリアム・トゥポウがPGを決めて0-3で先制する。

だが、すぐにライオンズラインアウトをスチールされて、8分、相手の南アフリカ代表で昨年、南アフリカ国内の「3冠」に輝いたHOマルコム・マークスに突破を許してしまい、FBアンドリース・クッツェーにトライを奪われ7-3と逆転されてしまう。さらに19分にはモールを押し込まれて14-3とリードを許す。

ただサンウルブズも負けていなかった。再びディフェンスでプレッシャーをかけて、モール停止を狙って相手ボールをターンオーバー。23分、スクラムからボールを継続し、最後はSH流のパスにFB松島が走り込んで中央に飛び込んでトライ、ゴールも決まって14-10と4点差に追い上げる。

27分、相手のHOマークスに再びモールを起点にトライを奪われた(19-10)が、サンウルブズもすぐに反撃。31分、SH流の裏へのキックを相手がキャッチしたところでWTBサウマキがジャッカルを決めてターンオーバーし、相手にタックルを受けながらパスを通し、最後はフォローしたPRクレイグ・ミラーが飛び込んでトライ、19-17と2点差とした。

前半最後も敵陣奧深くで、ディフェンスでプレッシャーを与えて、ターンオーバーしたが、WTBレメキが惜しくもノックオンしてしまいトライならず。ただ、攻守にわたり積極的なプレーを見せて、準優勝チームに2点差で前半を折り返し、後半も十分に期待させる内容だった。

後半開始早々、相手にキックをチャージされてトライを奪われて26-17と再び、9点差を広げられてしまう。ただサンウルブズも前半のいい流れを継続し、SH流のクイックタップなどでリズムをつかむ。

11分、スクラムから左に展開して、タッチライン際でWTBサウマキが相手を吹き飛ばして、そのままインゴール左隅にグラウンディング。CTBトゥポウも難しい角度のゴールを決めて、26-24とした。

ここから互いにベンチメンバーを投入して、勝負に出る。19分、サンウルブズは中盤で前に出るディフェンスから、LO姫野が相手SOヤンチースのパスをインターセプト、そのまま中央にトライを挙げて、ゴールも決まり、ついに26-31と逆転に成功する。

しかし、反則から相手にゴール前でモールを組まれてしまい、22分、再びHOマークスにトライを献上し、33-31と再び、2点リードを与えてしまった。

その後、サンウルブズもチャンスがあったものの、ゴール前のラインアウトを奪われて得点を挙げることができなかった。32分、再び、相手のゴール前ラインアウトからモールを押し込まれて、最後はWTBローハン・ヤンセ・ファンレンズバーグにトライを奪われて40-31と9点差にされた。

40分、それでも試合をあきらめていないサンウルブズは、自陣ゴール前の相手の反則後、すぐにFB松島がリスタートして裏に大きくキック、そのボールを途中出場のSO中村亮土がキャッチし、FLヴィリー・ブリッツ、HO坂手敦史とつないで、坂手が中央にトライ、中村のゴールも決まって40―38とPGで逆転できる2点差に追い上げた。

ラストワンプレー、サンウルブズは今シーズン初勝利、そして歴史的なアウェー初勝利を目指し攻め込んだが、相手に接点でプレッシャーを受けて、ラック停止となってそのまま40―38でノーサイド。MOM(マン…オブ・ザ・マッチ)はライオンズのHOマルクスが選ばれた。

サンウルブズが昨年の準優勝チームであるライオンズを追い込み、7点差以内の敗戦で勝ち点1を獲得(総勝ち点2)したが、あと一歩というところで勝利することはできなかった。一方のライオンズは4勝1敗(総勝ち点19)とし、南アフリカカンファレンス1位をキープしている。

サンウルブズのキャプテンSH流は「敵地でこれだけのパフォーマンスができたが、勝利が目標だったので、ゲームを落としてしまい残念です。ライオンズを追い込むことができたが、結果的に勝てなかったのは実力がない証拠です。もう一度、頑張ります」と唇を噛みしめた。

選手たちはもちろん、ファンにとっても悔しい開幕4連敗となったが、サンウルブズは敵地で徐々に成長していることを証明した試合になったことには間違いないだろう。3月24日(土)の次節は、2勝1敗ながらニュージーランドカンファレンス4位のチーフスと対戦する。

何としても今シーズン初勝利を挙げたいサンウルブズは、2012年、13年とスーパーラグビーを連覇した実力のあるチーフスから、ホームの東京・秩父宮ラグビー場で今シーズン初勝利を挙げることができるか。

◇2試合で3トライ!サンウルブズのエースWTBサウマキ

開幕戦で2トライを挙げて、鮮烈なスーパーラグビーデビューを果たしたサンウルブズのWTBホセア・サウマキ。2017-18シーズン、トップリーグのキヤノンイーグルスでルーキーながら10トライを挙げて、トライランキング2位につけた実力を発揮した。

ただ、2戦目のレベルズ戦に向けた練習中に膝をひねってしまい、2戦目、3戦目は出場することはかなわなかった。それでもサウマキはケガから復帰し、4戦目のライオンズ戦は11番をつけて再び先発した。

「ブランビーズ戦以来の出場となりますが、チームのためにいいプレーをしたい。ゲームプランをしっかり確認して、その上で自分の持ち味のスピードとパワーを活かし、ラインブレイクやトライを決めたい」(サウマキ)

ジョセフHCも「ブランビーズ戦で強さを見せたホセアが再び加わることは、チームに良い影響を与えるでしょう」と期待を寄せた。

そんな指揮官の言葉どおり、前半31分にサウマキは、トライに結びつくジャッカルとオフロードパス、さらに自身でも強さを見せて後半11分にはトライを挙げて、再び、スーパーラグビーの舞台でも十分に通用することを証明して見せた。

「選手全員ハードプレーで頑張りました。ただ少し運がなかった。試合を終え、みな満足しています。私自信にとっても満足いく試合でした。来週はチーフスとホームで対戦します。気持ちをしっかり切り替えて、来週のスーパーラグビーでは勝利を掴みにいきたい」(サウマキ)

サンウルブズでスーパーラグビー初挑戦のシーズンながら、2試合で3トライを挙げてチーム新たなエースとなったWTBサウマキ。次戦のチーフス戦こそ、勝利につながるトライを挙げてほしい!

記事提供者:(K.S)

試合情報

  • 2018.2.24(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 25 - 32 ブランビーズ
    NO SIDE
  • 2018.3.3(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 17 - 37 レベルズ
    NO SIDE
  • 2018.3.10(土)
    スーパーラグビー2018
    シャークス 50 - 22 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.3.18(日)
    スーパーラグビー2018
    ライオンズ 40 - 38 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.3.24(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 10 - 61 チーフス
    NO SIDE
  • 2018.4.7(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 29 - 50 ワラターズ
    NO SIDE
  • 2018.4.14(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 10 - 24 ブルーズ
    NO SIDE
  • 2018.4.21(土)
    スーパーラグビー2018
    クルセイダーズ 33 - 11 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.4.27(金)
    スーパーラグビー2018
    ハリケーンズ VS サンウルブズ
    • 16:35 キックオフ
  • 2018.5.12(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ VS レッズ
    • 12:05 キックオフ
  • 2018.5.19(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ VS ストーマーズ
    • 8:00 キックオフ
  • 2018.5.25(金)
    スーパーラグビー2018
    レベルズ VS サンウルブズ
    • 18:45 キックオフ
  • 2018.6.3(日)
    スーパーラグビー2018
    ブランビーズ VS サンウルブズ
    • 15:05 キックオフ
  • 2018.6.30(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ VS ブルズ
    • 20:55 キックオフ
  • 2018.7.7(土)
    スーパーラグビー2018
    ワラターズ VS サンウルブズ
    • 18:45 キックオフ
  • 2018.7.13(金)
    スーパーラグビー2018
    レッズ VS サンウルブズ
    • 18:45 キックオフ

動画ランキング

記事ランキング