後半力尽きる…サンウルブズ、ストーマーズに52-15で敗れるも2トライを奪う

スーパーラグビー2017 - 後半力尽きる…サンウルブズ、ストーマーズに52-15で敗れるも2トライを奪う

出色の出来だったWTB松島は「今、心も体も一番いい状態。世界にサン ウルブズの存在を印象づけていきたい」

  • シェアする

ウィンドウマンス(テストマッチ期間)明けの前節、強豪ライオンズとの一戦で94-7という歴史的大敗を喫したアフリカ1カンファレンスに所属するヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(サンウルブズ)。

7月8日(日本時間7月9日)の第16節、同カンファレンス首位のストーマーズと敵地ケープタウン・DHLニューランズスタジアムで相見えた。今季第5節の対戦では31-44でサンウルブズが敗れたものの、途中まではリードするなど試合を優位に進めていただけに、この再戦は今季2勝目への大きなチャンスと目されていた。

第15節終了時点で1勝12敗、勝ち点7で最下位に沈むサンウルブズはフロントロー(FW第1列)を筆頭に前節からメンバーを一新。ハーフ団はSH内田啓介を据え置き、SOには田村優が入った。

前節、途中出場ながらトライにつながるランを見せた南アフリカ出身のFBリアン・フィルヨーンが先発し、FBが本職の松島幸太朗はWTBに。ゲームキャプテンは前節と同じくNO8ヴィリー・ブリッツが務めた。

メンバー発表時、ブリッツはこうコメントした。

「先週のパフォーマンスは非常に悪かったのですが、あれは私達のシーズンを反映した試合ではない。今週前半は特に、肉体的にも精神的にも非常に負荷の高い練習を行いました。環境に慣れてきて、今週末の試合に向けて非常に良い準備ができています」

また、ブリッツはケープタウン出身ということもあり、

「ここに戻って来られた事は非常に嬉しいですが、それと同時に、ニューランズスタジアムでストーマーズと戦う事の難しさを熟知しています。良い試合をするには、私達が100%のパフォーマンスを出し続けるしかない」と

出身地の強豪から勝利を得るために最高のパフォーマンスを見せることを誓った。

対するストーマーズはキャプテンのFLシヤ・コリシ、FB ディリン・レイズといった現南アフリカ代表メンバーを複数揃え、サンウルブズに対してもまったく隙のない布陣。なお、第5節の対戦時は欠場していたLOエベン・エツベスは先発が予告されていたが欠場となった。

試合はキックオフ早々から大きく動く。前半3分、サンウルブズCTBデレック・カーペンターがハイタックルでイエローカード、シンビン(10分間の一時的退出)となる。サンウルブズが数的不利な状況下で前半8分、ストーマーズがラックのボールを足にかけて、WTBチェスリン・コルビが鮮やかな先制トライを許して7-0。

11分にはサンウルブズがSO田村優のPG成功で7-3と差を詰めるも、15分にはストーマーズCTBのEW.フィルヨーンがトライを決められ14-3となる。

サンウルブズは20分、相手のボールを素早いタックルで奪い返した後、攻め続けた末にFLマルジーン・イラウアからのラストパスを受けたWTB後藤輝也が左隅にチーム初トライ。SO田村のゴールも成功し14-10と再び4点差に詰め寄る。

その後もサンウルブズはテンポの良いアタックで攻め続けて、27分にSO田村のPG(不成功)、30分のFB松島とHO日野剛志のビッグゲインや33分の敵陣でのトライチャンスもあったが、そういった好機を活かすことができず、追加点を奪うことができない。

前半終了間際、相手に攻撃を許し、39分にはセブンズのスターでもある快足WTBシアベロ・セナトラがCTBフィルヨーンのキックに反応しボールをキャッチ、独走トライを決められ、19-10というスコアになったところで前半終了を迎えた。

後半はより僅差に持ち込み、さらには逆転も狙いたいサンウルブズだったが、後半最初の得点もはストーマーズだった。6分、SOダミアン・ヴィレムセがピッチのど真ん中を切り裂さかれ、トライ後のゴールキックも決められて26-10となった。

後半9分、サンウルブズにトライが生まれる。ラインアウトを起点にボールを継続し、ゴール前のラックでHO日野がSH内田のパスを受けてインゴールへ飛び込んだ。このトライで26-15となり、ここからサンウルブズのさらなる反撃が期待された。

だが、その後はサンウルブズに反撃する力は残っておらず、キックカウンターやターンオーバーからミスなどでトライを許す展開が続き、後半18分と28分にはFBレイズが、35分と42分にはWTBチェスリン・コルビがそれぞれ連続トライを決め、52-15という大差になったところでノーサイドを迎えた。

サンウルブズは思うようにチャンスを活かせず、加えて特に後半は徐々に足が止まってきたこともあって失点を重ね、期待された勝利、そして勝ち点獲得すらできなかった。

試合後、ストーマーズFLコリシキャプテンは

「相手のDFが良くてタフなゲームになったが、勝てて良かった。シーズンの序盤は良くなかったが、少しずつ改善して調子が良くなり、自分たちのやりたいことができるようになってきた」

と試合を振り返った。

またサンウルブズのゲームキャプテンを務めたNo.8ブリッツは

「タフな試合でしたが、ストーマーズといい戦いをすることができて、チームメイトに感謝します。非常に個々にプレーが良く、懸命なタックルで相手を止めようとする姿が印象的で仲間を誇りに思います。2017シーズンは簡単ではありませんでしたが、今後も継続してやっていくことが大切で、我々のアタッキングラグビーを続けていくことで成長できると思います」

と、前節の大敗より手応えを掴んだ様子を見せた。

次の最終第17節は7月15日(土)、秩父宮ラグビー場にニュージーランドカンファレンスの雄ブルーズを迎える。昨季1勝、今季も現時点で1勝ということで、ラストマッチでホームのファンの目の前で勝利し、昨季を超える勝ち星を得ることができるか。サンウルブズの意地、そして有終の美に期待したい。

◇今季2トライ目! 代表でも2番の座を狙うHO日野剛志の活躍

文中でも触れた通り、HO日野が後半9分に今季2つ目となるトライを挙げた。SH内田からのパスを角度を変えて走り込んでキャッチし、そのままインゴールへと飛び込む実にパワフルなトライだった。前半30分のビッグゲインもトライにはつながらなかったものの、走れるHOとして大きなアピールとなったはずだ。

試合を前に日野は、

「ストーマーズもホームゲームという事もあり、気合が入っていると思いますが、我々も何か南アフリカで足跡を残していきたいです。大敗の後だからこそ、ふりきって、思い切ったプレーができるチャンスだと思います。狼らしく、相手に噛みついていきたいです」

とコメントしていた。

そして試合後は、

「差を感じたのは、本当に小さな部分です。ちょっとしたところで、ラックのボールを蹴られてしまったり、ひとつのミスから一瞬でスコアに持っていかれてしまい、常にひとりひとりのコネクトを切ってはいけないという事を、改めて感じました。アティチュード(試合に対する姿勢)のところでは良くなった部分もありましたが、80 分間それを示し続けなければいけない」

と反省点も口にしていた。

それでも試合でまさしく、「相手に噛みつく狼」をトライという形で体現したHO日野。今後のサンウルブズや日本代表だけでなく、そしてヤマハ発動機ジュビロでのプレーにも注目してほしい!

記事提供者:齋藤龍太郎(楕円銀河)

試合情報

  • 2017.2.25(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 17 - 83 ハリケーンズ
    NO SIDE
  • 2017.3.4(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 23 - 37 キングズ
    NO SIDE
  • 2017.3.12(日)
    スーパーラグビー2017
    チーターズ 38 - 31 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.3.18(土)
    スーパーラグビー2017
    ブルズ 34 - 21 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.3.25(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 31 - 44 ストーマーズ
    NO SIDE
  • 2017.4.8(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 21 - 20 ブルズ
    NO SIDE
  • 2017.4.14(金)
    スーパーラグビー2017
    クルセイダーズ 50 - 3 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.4.22(土)
    スーパーラグビー2017
    ハイランダーズ 40 - 15 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.4.29(土)
    スーパーラグビー2017
    チーフス 27 - 20 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.5.7(日)
    スーパーラグビー2017
    ジャガーズ 46 - 39 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.5.20(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 17 - 38 シャークス
    NO SIDE
  • 2017.5.27(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 7 - 47 チーターズ
    NO SIDE
  • 2017.7.2(日)
    スーパーラグビー2017
    ライオンズ 94 - 7 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.7.9(日)
    スーパーラグビー2017
    ストーマーズ 52 - 15 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.7.15(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 48 - 21 ブルーズ
    NO SIDE

動画ランキング

記事ランキング