終盤に連続トライを挙げるも日本敗れる…2019年W杯で対戦するアイルランドに22−50

スーパーラグビー2017 - 終盤に連続トライを挙げるも日本敗れる…2019年W杯で対戦するアイルランドに22−50

後半19分、この試合のチーム初トライを決めたFB野口竜司。(撮影/斉藤健仁)

  • シェアする

先週6月10日(土)、ルーマニア代表と熊本で対戦したラグビー日本代表は、2015年のラグビーワールドカップ以来の代表復帰となったFLリーチ マイケルの豪快なトライなどもあり、33−21で勝利した。

それから1週間を経た17日(土)、今度は世界ランキング4位のアイルランド代表(6月12日現在。日本代表は11位)を静岡・エコパスタジアムに迎えて対戦した。2019年のラグビーワールドカップで同じプールAに入った強豪との“前哨戦”を17日、24日と2戦にわたり行う。同大会での使用が決まっているエコパスタジアムには27381人のファンが集まった。

日本代表はアイルランドとこれまで7試合対戦しているが、1985年の初対決以来1度も勝てていない。歴史的初勝利を目指す一戦に、日本代表はFWはキャプテン・HO堀江翔太やFLリーチ、BKはSH田中史朗、WTB福岡堅樹といった主力を先週のルーマニア戦から先発に据え置いた。

一方で、先発PRには先週リザーブだった稲垣啓太、伊藤平一郎が入り、SOも田村優に変更。松島幸太朗がWTBに入り、チーム最年少の東海大4年野口竜司が2連連続先発。出場予定だったCTBティモシー・ラファエレは負傷のためデレック・カーペンターが入り、この試合が日本代表初キャップとなったCTBウィリアム・トゥポウとコンビを組んだ。

6月10日のアメリカ戦で55−19と勝利を収めてから来日したアイルランド代表は、この日本代表戦に今ツアーキャプテンのFLリース・ラドックをはじめ前回ワールドカップ出場メンバー6人が先発。パワフルでサイズもあるFWのみならず、BKにも代表60キャップのWTBキース・アールズ、34キャップのFBシモン・ジボといった危険なランナーを揃えた。

現在ニュージーランドに遠征中のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランドの4協会による代表チーム)に主力を11選手輩出しながらその穴を感じさせない、層の厚さを見せつけるメンバー編成となった。

日本代表ボールでのキックオフ後、先制したのはアイルランド代表だった。前半6分にSOパディー・ジャクソンがPGを成功させると、11分には要警戒選手の一人だったWTBアールズにトライを決られて0−10とリードを許す。

日本代表も14分にSO田村がPGを決めて3−10とするが、PR伊藤が前半24分からの10分間、不当なプレーによるシンビンで10分間の退出。数的不利になった日本代表は、24分と28分に相手のFLダン・リーヴィーが連続トライを許し、31分にもNO8ジャック・コナンがトライを与えて3−31と大きく差が開いたところで前半終了を迎えた。

立て直しを図りたい日本代表だったが、後半、先に得点したのはまたもアイルランド代表だった。5分に再びNO8コナンがトライし3−38とさらにリードを広げられる。

まずは初トライが欲しい日本代表は13分、HO堀江から庭井祐輔に、LOヘルから松橋周平に、SH田中から流大にとメンバーを入れ替え。そこからボール保持の時間が増やすと19分、マイボールスクラムを起点にSH流が球をさばき、ラックからの流のパスを受けて走り込んだFB野口が相手ディフェンスをのギャップを突いてチーム初トライ。SO田村に代わり入っていた松田力也のゴールも決まり10−38として、反撃ののろしを上げた。

後半25分と32分には再びアイルランドに連続トライを許してしまい10−50と再びリードを広げられたものの、日本代表は試合終盤に再び本領を発揮する。

36分、SH流のクイックタップを起点にアイルランドディフェンスの隙を突いた日本代表は、左大外に構えていたWTB福岡がタッチライン際を駆け抜けトライ。(15−50)。直後の38分にもWTB福岡がビッグゲイン。福岡は相手ディフェンスを十分引きつけてから、内側をフォローしたSH流にパスし、そのまま流が独走トライを決め、22−50とさらに点差を詰めたところでノーサイドとなった。

試合後、日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、

「最高の準備ができ、リーダーもしっかりチームを牽引して役割を明確にできた1週間だったが、非常に残念な結果になった。世界4位のチームに対しては自分たちのプランを遂行し、死に物狂いで戦わなければならないが、貪欲な姿勢が足りなかった。選手たちに貪欲さがなければ一大事なので、プランを変えるか選手を変えるかどちらかだ」

と落胆を隠さず、今後の選手選考の方針やゲームプランの変更までも示唆したが、

「ただ、出場した若手メンバーのハングリー精神、貪欲なプレーはよかった」

と後半から出場し、チームに勢いを与えてトライを挙げた若手選手たちの活躍を讃えた。

キャプテンのHO堀江は、

「残念な結果。自分たちのミスからやられてしまった。あと1回試合ができるので、この1週間で修正していきたい」

と早くも24日(土)の次戦に向けて意気込みを語った。

一方、勝ったアイルランド代表のジョー・シュミットHCは、

「時間を与えるといかに危険かということを日本代表は示していた。コーチングスタッフはたくさんの時間を費やして日本の試合、(かつてジョセフHCが指揮し、現在はトニー・ブラウンコーチが指導する)ハイランダーズ、そしてサンウルブズの試合も見た(分析した)。それでもトライを取られたので、完璧な分析は難しい」

と反省したものの、今回の快勝は日本のラグビーを徹底的に分析した結果であることを明かした。

24日(土)には2戦目が東京・味の素スタジアムで行われる。日本代表がこの完敗から何を学び、どこをどのように修正して臨むのか--。主力を欠きながら圧巻のラグビーを見せたアイルランド代表に一矢報いることができるのか。1週間後は、ジェイミージャパンの真価が問われる戦いとなろう。

◇大学生FB野口がチーム初トライ! 日本代表の反撃ののろしを上げる

ルーマニア戦に続いて15番を背負った大学生FB野口竜司は、前述の通り後半19分にチーム初となるトライを決めた。

相手のギャップを突いて切れ込み、最後はタックルを受けながらも、相手をインゴールへと引きずりこむように決めたトライだった。

「自分のトイメンが上がっていて、(自分から見て)インサイドにスペースがあった。前がよく見えていたので落ち着いてトライできた」

野口はと自身のトライを振り返った。

この試合が節目の10キャップ目となったが、決して経験の浅さや若さを感じさせない冷静な判断が光ったトライは、アイルランドとの最終戦出場だけでなく、2019年ワールドカップに向けても大きなアピールとなったに違いない。

記事提供者:齋藤龍太郎(楕円銀河)

試合情報

  • 2017.2.25(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 17 - 83 ハリケーンズ
    NO SIDE
  • 2017.3.4(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 23 - 37 キングズ
    NO SIDE
  • 2017.3.12(日)
    スーパーラグビー2017
    チーターズ 38 - 31 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.3.18(土)
    スーパーラグビー2017
    ブルズ 34 - 21 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.3.25(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 31 - 44 ストーマーズ
    NO SIDE
  • 2017.4.8(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 21 - 20 ブルズ
    NO SIDE
  • 2017.4.14(金)
    スーパーラグビー2017
    クルセイダーズ 50 - 3 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.4.22(土)
    スーパーラグビー2017
    ハイランダーズ 40 - 15 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.4.29(土)
    スーパーラグビー2017
    チーフス 27 - 20 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.5.7(日)
    スーパーラグビー2017
    ジャガーズ 46 - 39 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.5.20(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 17 - 38 シャークス
    NO SIDE
  • 2017.5.27(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 7 - 47 チーターズ
    NO SIDE
  • 2017.7.2(日)
    スーパーラグビー2017
    ライオンズ VS サンウルブズ
    • 0:15 キックオフ
  • 2017.7.9(日)
    スーパーラグビー2017
    ストーマーズ VS サンウルブズ
    • 2:30 キックオフ
  • 2017.7.15(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ VS ブルーズ
    • 12:05 キックオフ

動画ランキング

記事ランキング