サンウルブズ、ホームで今季2勝目を飾れず。残り20分で崩れてチーターズに7−47で大敗

スーパーラグビー2017 - サンウルブズ、ホームで今季2勝目を飾れず。残り20分で崩れてチーターズに7−47で大敗

SH田中、SO田村、FB松島…。日本代表でも活躍が期待される選手が躍動したが、チームは後半失速した(撮影/齋藤龍太郎)

  • シェアする

第13節終了時点で1勝10敗(勝ち点7)とアフリカ1カンファレンスとリーグ全体で最下位に沈んでいるヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(サンウルブズ)は、5月27日(土)の第14節、同カンファレンスのチーターズを東京・秩父宮ラグビー場に迎え、今季第3節以来となる対戦に臨んだ。

敵地ブルームフォンテーンでの対決となった今季第3節は38−31でチーターズに7点差で敗れたサンウルブズだが、昨季第8節の同会場での92−17という惨敗からは確実に差を縮めている。去る今年4月8日(土)にはブルズを21−20で破ったホーム・秩父宮ラグビー場での試合ということで、またチーターズにとってはニュージーランドでの2試合と長距離移動を経ての試合となったことで、サンウルブズには有利な条件が揃った。

サンウルブズは前節シャークス戦から共同キャプテンのCTB立川理道、ハーフ団のSH田中史朗とSO田村優、FB松島幸太朗といった中核選手を据え置いた。経験豊富なHO堀江翔太が負傷により欠場したが、これまでも高い能力を見せているHO庭井祐輔が2番を背負い、セットプレーのキーマンを任された。なお、リザーブにはベテランLO大野均が前節に続いてメンバー入りした。

現在9連敗中、2勝10敗でカンファレンス3位のチーターズは、キャプテンのCTBフランソワ・フェンターが負傷で欠場。ただ、南アフリカ代表スコッド(候補)入りしたFLテボホ(オウパ)・モホジェ、WTBレイモンド・ルールといった有力選手が先発し、敵地で第3節サンウルブズ戦以来の勝利を目指した。

試合は序盤からチーターズがボールを支配し、サンウルブズが受けに回り、ディフェンスに終始する我慢の時間帯が続いた。

前半16分に均衡を破られる。チーターズFLウゼア・カシームがトライを決めて0−7と先制される。その後、サンウルブズも何度か相手陣奥まで攻め込んだが自分たちのミスや反則で得点につながらなかった。そのままハーフタイムを迎えると思われた前半終了間際の40分にもチーターズの途中出場していたNO8ニール・ヨダーンがトライを追加され、0−14で前半を折り返した。

まずは僅差の展開に持ち込むべく何としても反撃したいサンウルブズだったが、後半開始早々1分にチーターズSOダニエル・マレーにトライを奪われ、0−19と逆に突き放されてしまった。

後がなくなったサンウルブズだが、ここからようやくアタックが機能し始め、後半7分にゴール前まで攻めると、ラックからSH田中が放ったパスを受けたLOサム・ワイクスがインゴール中央にダイブ。チーム初トライを決める。ゴールも決まり7−19とビハインドを12点に縮めたサンウルブズは、13分にも決定的なトライチャンスを作ったが、SO田村のパスがスローフォワードとなり追加点を奪えないまま試合終盤を迎える。

すると、相手のプレッシャーと疲れからかサンウルブズは後半26分、30分、35分、そしてホーン後の41分と立て続けにトライを奪われてしまい、一方的な展開に。結局サンウルブズは7−47でチーターズに敗れ6連敗を喫した。今季通算成績は1勝11敗、勝ち点は7のままとなった。

サンウルブズのフィロ・ティアティアHCは試合後の記者会見で、

「前半(終了間際までの)7点差の状況ではチャンスがあった。両チームとも脆さがあったので、そこでチャンスをつかめていれば試合の結果は変わっていた。しかしチャンスがつかめなかったのが現実。最高のラグビー日和の中、我々が用意してきたプランが遂行できなかったのは残念。サンウルブズは常に成長を積み上げていかないといけないチームだが、この2試合は得点を多く取られる場面があった。そこでの集中力を欠かさずに引き続き積み上げていくことだと思う」

と前節も含め反省点を挙げた。また、共同キャプテンのCTB立川も、

「スコアすることがなかなかできなかった。ディフェンスも1対1の部分で止めきれず、相手にうまくアタックされてしまった。そのあたりの対策が必要であり、(暑い)天候などのアドバンテージもしっかり活かさないと勝つことができないと思う」

と沈んだ表情で淡々と敗因を語った。

また、チーターズのフランコ・スミスHCはサンウルブズについてこうコメントした。

「スーパーラグビーは非常にタフな大会で、この試合も例外ではなかった。特に試合の序盤、ディフェンスの面でサンウルブズは卓越していたが、我々がテリトリーを取ることに成功した。ただ、この(試合)内容がサンウルブズの力を直接物語っているわけではないとは思っている」

同じくチーターズのゲームキャプテンHOトルステン・ファンヤースフェルトも、

「サンウルブズは素晴らしかった。今季は特にいいシーズンを過ごしている。序盤はいいスタートを切り、どちらに転んでもおかしくない展開だった。幸いい我々の展開に持ち込むことができた」

とあくまでサンウルブズのラグビーを讃えた。

スーパーラグビーはテストマッチ期間となる6月は行われず、7月に再開される。ラグビー日本代表は6月10日(土)にルーマニア代表と、17日(土)・24日(土)にアイルランド代表と国内で対戦する。

ラグビーワールドカップ2019の前哨戦とも言えるこれらの試合に向けて、サンウルブズから多くの選手が日本代表に選出される見込みだが、これまでのサンウルブズの苦くタフな経験も含めてテストマッチに、また7月再開のスーパーラグビーに活かしてほしい。

◇39歳のLO大野均、日本代表再選を見据えるリザーブ出場

5月6日に39歳になったばかりのチーム最年長LO大野が、前節5月20日のシャークス戦に続いて途中出場を果たした。日本代表98キャップの大野はスーパーラグビーでも14キャップ目を獲得。あらためて「鉄人」ぶりを見せつけた。

大野は7−19というスコアで、まだ勝てる可能性が残っていた後半24分の出場時を振り返り、

「まだ追いつける範囲内だったので(チームに)勢いを与えたいと思って入ったが、こちらのミスから簡単にトライに持っていかれた。先週の試合(シャークス戦)の後半と同じような感覚だった。(シーズン再開まで)1ヶ月あるのでしっかり立て直したい」

と早くも7月を見据えたが、もちろん6月の日本代表入りも視野に入れている。

「こうして世界の代表と比べても遜色のないようなチームどうしで毎週試合ができることで、精神的にも肉体的にもタフになる。日本代表に行くメンバーはこうした経験を踏まえて、どう(スコアを)取られないようにするかブツ切りにせず(一連の)流れとして活かしていく必要がある。(個人的な意識は)これまでと同じく、倒れたらすぐ立って次のディフェンスに走り、アタックをカットする。自分がやることは決まっているので、それをいかに高いレベルで遂行できるかだけです」

この6月、日本代表では前人未到の100キャップ達成なるか。サンウルブズ、そして日本ラグビーの誇りでもあるベテランLOの動向に注目だ。

記事提供者:齋藤龍太郎(楕円銀河)

試合情報

  • 2017.2.25(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 17 - 83 ハリケーンズ
    NO SIDE
  • 2017.3.4(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 23 - 37 キングズ
    NO SIDE
  • 2017.3.12(日)
    スーパーラグビー2017
    チーターズ 38 - 31 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.3.18(土)
    スーパーラグビー2017
    ブルズ 34 - 21 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.3.25(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 31 - 44 ストーマーズ
    NO SIDE
  • 2017.4.8(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 21 - 20 ブルズ
    NO SIDE
  • 2017.4.14(金)
    スーパーラグビー2017
    クルセイダーズ 50 - 3 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.4.22(土)
    スーパーラグビー2017
    ハイランダーズ 40 - 15 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.4.29(土)
    スーパーラグビー2017
    チーフス 27 - 20 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.5.7(日)
    スーパーラグビー2017
    ジャガーズ 46 - 39 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.5.20(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 17 - 38 シャークス
    NO SIDE
  • 2017.5.27(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 7 - 47 チーターズ
    NO SIDE
  • 2017.7.2(日)
    スーパーラグビー2017
    ライオンズ 94 - 7 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.7.9(日)
    スーパーラグビー2017
    ストーマーズ 52 - 15 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2017.7.15(土)
    スーパーラグビー2017
    サンウルブズ 48 - 21 ブルーズ
    NO SIDE

動画ランキング

記事ランキング