日本でラグビーを「文化」として根付かせる。

スーパーラグビー2018 - 日本でラグビーを「文化」として根付かせる。
  • シェアする
廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

1981年10月17日、大阪生まれ。5歳のときにラグビーを始め、北野高校を経て慶應大学に進学。99年度U19日本代表、高校日本代表に選出される。2004年、東芝入社。2年目からレギュラーとして活躍。07年主将就任(07-11年度)。08-09、09-10シーズンではトップリーグプレーオフ優勝を果たす。09年のプレーオフはMVPも獲得。07年日本代表入り。12年にはキャプテンとして再び選出される。15年ラグビーW杯では、日本代表史上初となる同一大会3勝に貢献。通算キャップ28。ポディションはSO、WTB。
著書に「なんのために勝つのか。-ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論-」(東洋館出版社)がある。

6月のテストマッチシリーズもあっという間に終わりを迎えた。昨年まで日本代表を率いたエディー・ジョーンズは現在、イングランド代表を率いており、オーストラリア代表に3連勝して世界ランキング2位まで上り詰めた。改めて、選手の力を最大限引き出せる彼は凄いと思う。そして、彼のスピリッツが組み込まれた現在の日本代表はどうだろうか。

日本代表の試合を総括すると、日本人選手の実力が上がっていることを改めて感じることができた。堂々とスコットランドと戦えたことは、昨年のワールドカップでの経験が大きいと思う。「どうすれば良いのか」、選手個々の中で腑に落ちているように感じた。

加えて、サンウルブズがスーパーラグビーに参戦していることが大きいと考えられる。昨年の今頃、選手はサンウルブズに参加するか決断を迫られていた。条件が揃わない中で、勇気を持って、先頭に立ってくれたキャプテンの堀江翔太。改めてそのリーダーシップに感謝したい。もし、サンウルブズ参戦が無くなっていたら、アジアの大会では大勝していても、別次元の試合であるスコットランド戦においては大敗を喫していただろう。これは、日本ラグビーの人気にも影を落とし、ネガティブな印象を与える可能性があったと思う。

スコットランド戦を終えて、一息付いている我々ラグビーファンとは違い、すでにサンウルブズは試合翌日から再集合して、次戦(7月2日)ワラタス戦に向けて準備が始まっている。気持ちを上手く切り替えて、日本での最終戦を素晴らしい試合にし、多くのラグビーファンに良いシーズンであったことを印象付けて欲しい。日本での最終戦となる次戦をどう戦うのかがとても重要になる。

ワラタスの選手にとって、蒸し暑い日本での試合は未知数でもあり、かなり苦しむことが予想される。前半の最初はハイペースで積極的に仕掛け、追い込んでいきたい。そして、彼らを惑わせたい、その方法しか勝利は無いと思う。ワラタス戦を終えると、残りはアウェーでの2試合。様々な意味でのタフさが要求される。最後の力を振り絞って、来年に繋がる試合を期待したい。

残りの3連戦を終えると、約一ヶ月後にトップリーグが始まる。国内最高峰であるトップリーグの充実は、日本代表の強化にとって常に不可欠である。補強も含めてパナソニックが充実している中で、他のチームの奮起が待たれる。東芝は、新しいS&Cコーチを招聘し、今までとは違うアプローチをしている。サントリーは、日本代表のコーチであった沢木敬介氏が新たに監督に就任した。他のチームも同様に新しい仕掛けがあると思う。今から楽しみである。

そして、11月には日本代表が再び招集される。ジェイミー・ジェセフ監督の初采配となり、短期間でチームを作っていくことは難しさもあるが、トップリーグのシーズン中から意志疎通の機会を設けていくこととなる。日本代表メンバーが同じビジョンを持てるかが重要であり、このことが次戦での勝利への第一歩になるだろう。

そして、今後のラグビー日本代表の人気を最大化していくためには、多くの課題が山積しており、引き続きサポートが必要となる。昨年のラグビーワールドカップ2015イングランド大会での活躍後、多くの日本人がラグビーに触れる機会を得た。まだまだ日本での人気定着のためには、協会や選手会、スポンサー企業、そしてラグビーファンの方々と共に議論を続け、2019年に向かっていかなければならない。長い道のりとなるが、いつか日本にラグビーを「文化」として根付かせたい。その歩みを着実に少しずつ進めている。

記事提供者:廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

試合情報

  • 2018.2.24(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 25 - 32 ブランビーズ
    NO SIDE
  • 2018.3.3(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 17 - 37 レベルズ
    NO SIDE
  • 2018.3.10(土)
    スーパーラグビー2018
    シャークス 50 - 22 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.3.18(日)
    スーパーラグビー2018
    ライオンズ 40 - 38 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.3.24(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 10 - 61 チーフス
    NO SIDE
  • 2018.4.7(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 29 - 50 ワラターズ
    NO SIDE
  • 2018.4.14(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 10 - 24 ブルーズ
    NO SIDE
  • 2018.4.21(土)
    スーパーラグビー2018
    クルセイダーズ 33 - 11 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.4.27(金)
    スーパーラグビー2018
    ハリケーンズ 43 - 15 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.5.12(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 63 - 28 レッズ
    NO SIDE
  • 2018.5.19(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 26 - 23 ストーマーズ
    NO SIDE
  • 2018.5.25(金)
    スーパーラグビー2018
    レベルズ 40 - 13 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.6.3(日)
    スーパーラグビー2018
    ブランビーズ 41 - 31 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.6.30(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 42 - 37 ブルズ
    NO SIDE
  • 2018.7.7(土)
    スーパーラグビー2018
    ワラターズ 77 - 25 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.7.13(金)
    スーパーラグビー2018
    レッズ 48 - 27 サンウルブズ
    NO SIDE

動画ランキング

記事ランキング