廣瀬俊朗コラム:スコットランド1戦目を終えて。

ラグビー日本代表 - 廣瀬俊朗コラム:スコットランド1戦目を終えて。
  • シェアする
廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

1981年10月17日、大阪生まれ。5歳のときにラグビーを始め、北野高校を経て慶應大学に進学。99年度U19日本代表、高校日本代表に選出される。2004年、東芝入社。2年目からレギュラーとして活躍。07年主将就任(07-11年度)。08-09、09-10シーズンではトップリーグプレーオフ優勝を果たす。09年のプレーオフはMVPも獲得。07年日本代表入り。12年にはキャプテンとして再び選出される。15年ラグビーW杯では、日本代表史上初となる同一大会3勝に貢献。通算キャップ28。ポディションはSO、WTB。
著書に「なんのために勝つのか。-ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論-」(東洋館出版社)がある。

ワールドカップ以降、初めて日本で行われる本格的なテストマッチ。

ワールドカップのメンバーが集結したこと、大会中に唯一負けたスコットランドが対戦相手だったということもあり、日本のファンからは多くの期待が集まっていた。

これまで、6月のテストマッチでは、アジアチャンピオンシップや、パシフィックネーションズカップというトンガ・フィジー・サモアといった強豪国との対戦を経てから行われていたこともあり、ある程度の予測が立てられた。

今回はラグビーに詳しい僕にとっても、あまり対戦経験がない相手かつ、今シーズンの日本代表は今までとは異なるスケジュールでもあったので、予想が難しい試合となった。

試合を終えて僕が感じた印象を下記に挙げていく。

まずは、レフリーへの対応が大事であることを改めて思い知らされた。若くて経験のないレフリーだったこともあり、少しナーバスになっていた。前半のスクラムの反則では、一概に日本が悪い訳では無かった。ただ、レフリーが持っている固定概念としてスコットランドの方が強いという印象を持っていた。これが日本代表には不利に働き、ブレイクダウンの攻防でも少し相手側に有利に働いたと思う。次戦に向けて、レフリーに対しての意思統一を準備の段階からしていきたい。

また、前回に引き続きラインアウトの精度が低い。相手より背が低い日本には意思統一と、工夫が求められる。相手の分析をしっかりして、必ず獲得できるオプションを増やしたい。

最後に、反則の多さ。前半の16失点は、全て反則からである。規律を守れないと強豪国との試合では厳しい戦いになる。アタックでも1人目の強く低いボールキャリーと2人目の寄りの速さが求められる。もう一度、自分たちのシステムを信じて、やりきることに徹して欲しい。

課題だけが多かった訳ではない。良い所も沢山見られた。

1つ目は、アジアチャンピオンシップで戦っていた小瀧、金正奎が良いパフォーマンスをしてくれた。ティア1の国とのテストマッチで緊張もあったはずだ。個人としてのメンタルの強さと周りのサポートも良かったのだろう。新しい選手が活躍してくれたことは、今後の日本代表にとっても有意義である。

2つ目は、スクラムに関して。前半はペナルティを取られて苦労したが、試合中に修正して対等にスクラムを組むことが出来た。カナダ戦を終えて、スコットランド戦に向けての準備期間は、実質4日間。

チームとして積み重ねが必要なスクラムであるはずだが、試合中の短時間に修正できた。

3つ目は、素晴らしいトライを奪った。相手の隙を見て、クイックスタートからビッグゲインをする。そのボールのリサイクルを早くして、ディフェンスラインが整う前に、ボールを動かしてスコアした。やはり、日本代表らしいアタックをすれば通用することがわかった。

そして、最後に。善戦したことを誰も良しとはしていなかった。試合後のロッカールームでは、次戦に向けての課題を話し合い、彼らは次に勝たなければならない思いを強く持っていた。ポジティブに1戦目を捉えて、次戦に向けて良い準備がすでにスタートしていた。

さて、第2戦の東京。

天覧試合ということもあり、より多くのラグビーファンが会場に足を運ぶだろう。日本代表が2019年のワールドカップに向けて、成長している姿を「勝利」という形で証明して欲しい。十二分に勝てる相手であることは、選手だけでなく、ファンも知っている。

勝つ雰囲気を出すためにも、試合以外の演出も大事になってくる。音楽や国歌斉唱、声援などでホームアドバンテージを出していきたい。ファンの皆でスコットランドにプレッシャーを掛け、日本に対しては勇気を与えよう。

皆で、スコットランドと戦い、勝利を収め、喜びを分かち合えたら、最高の瞬間になる。

記事提供者:廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)