廣瀬俊朗コラム:スコットランド戦に向けて

スーパーラグビー2018 - 廣瀬俊朗コラム:スコットランド戦に向けて
  • シェアする
廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

1981年10月17日、大阪生まれ。5歳のときにラグビーを始め、北野高校を経て慶應大学に進学。99年度U19日本代表、高校日本代表に選出される。2004年、東芝入社。2年目からレギュラーとして活躍。07年主将就任(07-11年度)。08-09、09-10シーズンではトップリーグプレーオフ優勝を果たす。09年のプレーオフはMVPも獲得。07年日本代表入り。12年にはキャプテンとして再び選出される。15年ラグビーW杯では、日本代表史上初となる同一大会3勝に貢献。通算キャップ28。ポディションはSO、WTB。
著書に「なんのために勝つのか。-ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論-」(東洋館出版社)がある。

カナダ戦

カナダ戦は、2015年のワールドカップ以降、初めての本格的なテストマッチであり、現状の力が試される試合となった。

僕にとって久し振りに当事者でない中での試合であった。その感覚に慣れていなくて、試合の日は、朝5時からドキドキして起きていた。また、最後のワンプレーでは、逆転されるかもしれないと考えると息が出来なくて苦しかった。だから、勝った瞬間はとても安堵した。何よりも勝って次に繋げることがとても大事であるからだ。

久々の代表戦、時差もあるアウェイ、人工芝など多くの不確定要素がある中で、勝ち切れた原因は何だったのか。

その要因は、大きく分けて二つの経験にある。一つ目は、ワールドカップ含めた過去4年間の経験。カナダに対する勝ち方を知っていた。そのため、劣勢になっても焦らずに戦えた。2つ目は、今年から参入したスーパーラグビーのサンウルブズでの経験。

サンウルブズから日本代表に選ばれた選手が多く、またコーチングスタッフもサンウルブズのメンバーであったため、サンウルブズでの戦い方をベースに日本代表も戦った。

そのため、戦術面でも迷いがなかった。また、個人としても世界一タフなリーグでの経験によって、選手は、成長してきた。

 

課題

ディフェンスにおいては、まず攻撃の起点であるスクラムやラインアウトでプレッシャーをかけきれず、相手に勢いあるアタックをする機会を与えてしまった。その後も、タックルミスも散見された。この点に関しては、スコットランド戦に向けて大きな修正ポイントになる。

このポイントが修正されれば、ディフェンスのラインスピードも上がり、相手は思うようなアタックが出来なくなる。次に相手が選択するのは陣地を稼ぐために、キックしてくる。

そのボールをキャッチして、日本が持っている素晴らしいアタックに繋げていきたい。

 

日本の特徴

日本のアタックの特徴は、ゲインラインに対してどんどん攻めていき、ボールを下げないこと。色々なオプションを持ち、相手にターゲットを絞らせないこと。それによって、相手は前に出られなくなる。そして、ボールのリサイクルを早くすることによって、デンポある攻撃を仕掛けたい。そのためにも、攻撃の起点であるセットピースのクオリティーとボールの争奪戦であるブレイクダウンでの攻防がキーポイントになってくる。

日本が意図する攻撃が出来れば、多くのチャンスメイクが期待できる。実際にカナダ戦においてもアタックに関しては良い感触を掴んでいるコメントが多かった。ボールを動かす美しいアタックが見たい。

また、テストマッチでは、なかなかトライのチャンスはやってこない。最後は、ペナルティをしてでも防ごうとしてくるからである。そこで、ゴールキッカーの存在が重要になってくる。

前回のカナダ戦においては、100%の成功率であった田村優のキックはとても重要になる。スコットランドのキッカーを務めるレイドロー選手も素晴らしい。キッカー対決も楽しみだ。

 

シニアメンバーへの期待

カナダ戦のツアーに参加しなかった、翔太、ナキ、コリー、ヘンディ、均ちゃんなどの中心メンバーが合流した。彼らは、世界で勝つためのスタンダードを知っている。

まずは、練習からパフォーマンスでチームを引っ張り、グラウンド外でもチームをまとめることに期待したい。

そして、試合においては、前回課題となったFWのフィジカルにおいて、スコットランドに勝って欲しい。そうなれば、日本らしい戦いが出来、勝利への道が開けてくる。

 

最後に

今回の船旅は、始まったばかりである。2019年に再び、日本を感動の渦に巻き込むためにも、大事なホームでの初戦。

彼らは、その意味を理解しているはずだ。その気持ちを見届けることが待ち遠しくて仕方ない。

記事提供者:廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

試合情報

  • 2018.2.24(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 25 - 32 ブランビーズ
    NO SIDE
  • 2018.3.3(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 17 - 37 レベルズ
    NO SIDE
  • 2018.3.10(土)
    スーパーラグビー2018
    シャークス 50 - 22 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.3.18(日)
    スーパーラグビー2018
    ライオンズ 40 - 38 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.3.24(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 10 - 61 チーフス
    NO SIDE
  • 2018.4.7(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 29 - 50 ワラターズ
    NO SIDE
  • 2018.4.14(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 10 - 24 ブルーズ
    NO SIDE
  • 2018.4.21(土)
    スーパーラグビー2018
    クルセイダーズ 33 - 11 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.4.27(金)
    スーパーラグビー2018
    ハリケーンズ 43 - 15 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.5.12(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 63 - 28 レッズ
    NO SIDE
  • 2018.5.19(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 26 - 23 ストーマーズ
    NO SIDE
  • 2018.5.25(金)
    スーパーラグビー2018
    レベルズ 40 - 13 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.6.3(日)
    スーパーラグビー2018
    ブランビーズ 41 - 31 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.6.30(土)
    スーパーラグビー2018
    サンウルブズ 42 - 37 ブルズ
    NO SIDE
  • 2018.7.7(土)
    スーパーラグビー2018
    ワラターズ 77 - 25 サンウルブズ
    NO SIDE
  • 2018.7.13(金)
    スーパーラグビー2018
    レッズ 48 - 27 サンウルブズ
    NO SIDE

動画ランキング

記事ランキング