歴史に残る天覧試合。日本ラグビー界が進むべき未来とは。

ラグビー日本代表 - 歴史に残る天覧試合。日本ラグビー界が進むべき未来とは。
  • シェアする
廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)

1981年10月17日、大阪生まれ。5歳のときにラグビーを始め、北野高校を経て慶應大学に進学。99年度U19日本代表、高校日本代表に選出される。2004年、東芝入社。2年目からレギュラーとして活躍。07年主将就任(07-11年度)。08-09、09-10シーズンではトップリーグプレーオフ優勝を果たす。09年のプレーオフはMVPも獲得。07年日本代表入り。12年にはキャプテンとして再び選出される。15年ラグビーW杯では、日本代表史上初となる同一大会3勝に貢献。通算キャップ28。ポディションはSO、WTB。
著書に「なんのために勝つのか。-ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論-」(東洋館出版社)がある。

日本代表戦初めての天覧試合。彼らに勝つ好機はある―。先週行われた第1戦目の印象もあって、引き続き大きな期待の中での一戦となった。

代表戦としては、国内過去最高の3万4千人超が集まり、この期待は選手含めた現場にも「今日は新たな歴史を作る」という想いが伝わってきていた。

前半の日本代表のトライは、自陣奥深くから勇気を持って、大胆に攻めた。最後は、ナキが相手を飛ばして、パスを繋いでトライ。本当に素晴らしいプレーであった。あのトライは、スコットランドにはできない。会場は一気に盛り上がる。

その起点となったのは、マイボールラインアウト。前回の試合では課題になっていたが、分析含めた修正が成功しており、安定していた。もう一つの起点となるスクラム。こちらも前回の課題を修正して良いスクラムが組めていた。この二つが安定すると日本らしいアタックができる。ただ、唯一の不安は、反則が多いことであった。

前半からレフリーから何度も注意を受ける。前回の試合での光景が目に浮かんだ。それでも、何とか皆で凌ぎながら、後半9分に田村優がPGを決めて、16−9となり、7点差とする。この時点で、ジャパンが勝つポジションに入った。

フィットネスは、日本の方がスコットランドより優れている。ここからスコットランドを休ませないで追い込み続けると、タフな彼らもいつか諦める。過去4年間、最後にジャパンが走り勝つ戦いをしてきた。その成功体験が頭によぎり、一気に期待が膨らむ。

実際にスコットランドは、何とかギリギリ踏ん張っている状況であった。しかし、彼らを楽にしたのは、逆にジャパンであった。後半15分から35分までの間に、ノックオンや反則などをしてボールを手放したのは10回以上。

象徴的なプレーがあった。後半30分のPGによる失点に繋がる直前のプレー。敵陣ゴール前で、ボールを取られる。その後、マイボールラインアウトでミス。スクラムで反則、相手のキックに対してノックオン、スクラムでペナルティ。ミスが5回続いた。

また、チームでの約束事が守られず、15人全員の意思統一が図れない中、単発でのアタックが繰り返されてしまった。そのお陰で、スコットランドは息を吹き返す。

両チームの選手交代を経て、徐々にスコットランドが優勢となったスクラムやブレイクダウンでは、プレッシャーをかけられ反則を奪われる。この好機に後半途中から出場したキャプテンのレイドローが着実にポイントを重ね、遂に後半37分には16−21と5点差となり、力尽きた。自滅したといってもよい展開だった。

本来、日本の得意な展開であったはずの試合運びを終盤に向けて形に出来なかった。「最後まで走り勝つ」ということを普段の練習やミーティングから落とし込めきれていなかった。

これまでは4月から合宿を続け、6月の一番大事な試合を迎えていたが、今年からはサンウルブズ(日本チーム)のスーパーラグビー参戦などもあり、6月に召集された代表メンバーが短期間で準備をしなければならなかった。時間をかけた十分なトレーニングをすることは難しい。より多くの経験を日本ラグビーにもたらすためには、この環境に慣れていなかなければ先は見えてこない。選手や現場スタッフだけでなく、協会・サンウルブズ・トップリーグも含めて、考えていくべきことであると改めて感じた。

勝たないといけない試合を落としたが、新しい経験であったことは間違いない。選手は勇気を持って戦ってくれたことは、次に繋がる試合になった。

その原動力となった、ファンの皆さんに対して次こそは勝利を届けたい。

記事提供者:廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)